めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

『東京グール』鈴屋什造の魅力|愛される理由について語ります

什造が愛される理由を考えてみた

 今回は、東京喰種のキャラクターの中で、私が最も好きなキャラである鈴屋什造くんについて書きます!

ボディスティッチは痛そうですが、可愛くて強い什造ちゃんについて語れるだけ語りたいと思います!

それでは、プロフィールから一緒に見ていきましょう!

※ネタバレが含まれますので注意してください。

スポンサーリンク
 

 

基本プロフィール

東京喰種:re 鈴屋什造 撥水ポーチ

名前:鈴屋 什造(すずや じゅうぞう)

誕生日:6月8日

身長:160cm

体重:48kg

クインケ:

  • サソリ1/56(尾赫)
  • 13‘sジェイソン(鱗赫)
  • アラタJOKER(甲赫)

捜査官で、お菓子が好きです。

梟戦で右足を失っており、ナイフが仕込んだ義足を付けています。

ちなみに、単行本の無印13巻では体重が47kgだったのですが、re3巻では1kg増えています。

筋肉がついたのでしょうか。

それともお菓子食べすぎてしまったのでしょうか。

どちらにしてもこの1kg増えたことすら愛おしいです。

 

世渡り上手?

初登場時のインパクトが強く、これは凄いのが出てきたと思っていました。

しかし、シノハラさんのサポートのおかげで、什造は全く問題なく成長します。

むしろかなり世渡り上手なのではないか?

という考えが私の中で生まれてきました。

 

愛される理由考察

なぜこんなにも愛おしいのか。

もしかすると、私は阿原半兵衛(あばら はんべえ)と似たような気持ちで什造を見ているのかもしれません。

以下、私が考える什造が愛される理由です。

  • 「素直」
  • 「実は甘え上手?」
  • 「仕事で結果を出す」

もっとあるのですが、大まかにこのような感じかと思います。

順番に考察していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

素直

自分の思っていることをそのまま話す裏の無いところが、彼の魅力のひとつではないかと思います。

それに人を傷つけるようなことは言わないですね。

 

実は甘え上手?

部下にプリンをプッチンしてもらう。

ハイセも什造と会う時に服の下にお菓子を仕込んでおくなど、喜ぶ姿が可愛いからでしょうか。

可愛いからついついしてあげたくなってしまうのかもしれませんね。

これはある意味生まれ持った才能です。

 

仕事で結果を出す

身軽で強いです。

昔は若干暴走気味になることもありましたが、22歳で特など捜査官まで上り詰めたのは、有馬貴将以来だそうです。

素直で天性の甘え上手、見た目も可愛くて、しかも仕事はばっちり結果を出している什造くんです。

しかし、ただ可愛いだけでもなく、ただ強いだけでもありません。

ダークな背景と初登場時のあの衝撃。

シノハラさんに色々教えてもらったおかげで、誰からも愛されるように変わった什造。

什造が好きですから贔屓目というのもあるかもしれませんが、ありとあらゆるバランスが絶妙に良いのだと思います。

【関連】有馬貴将の強さと謎とは?

 

什造と琲世の関係

ハイセが黒山羊(ゴート)を結成して王になった時、黒磐に「ハイセを斬れるのか」と問われる場面があります。

什造にとってハイセは友達です。

しかし、敵同士になってしまった以上、什造はハイセを倒す側です。

言葉や顔には出ませんが、辛い立場だったと思います。

 

それでも、

「僕がシノハラさんの代わりを務める。大事なことには順番がある」と言って笑う什造。

ハイセを倒す覚悟はあったようです。

そして、カネキが食料探しから一人で地下に戻ってきた際、カネキを行動不能にすることに成功します。

【関連】佐々木琲世の強さと謎とは?

 

ハイセが竜のようになってしまった時は、とどめを刺しきれなかった自分が責任をもって始末をつけなければと話します。

ハイセにとどめを刺しきれなかったのは、やはり友達だという想いが心の底にあったからなのかもしれないですね。

切ない世界ですね。

スポンサーリンク
 

班員たちからも慕われる

フロッピーとの戦いにて、鈴屋什造班員たちは「強烈に志願して選んだ」と言っています。

強烈に志願される程、鈴屋什造には相当な魅力があるということですよね。

また、カネキが竜のようになってしまった際、喰種とCCGが手を組むか否かというシーンがあります。

 

そこで、什造は

「僕たちだけで始末をつけるべきだと思う、シノハラさんならそうすると思う」

と発言する場面があり、丸手に

「お前はもう大人なんだから自分のことは自分で決めろ」

と言われます。

 

什造は今まで、シノハラさんだったらどうするかを考えながら行動してきたのでしょうね。

丸手は、「什造が喰種と協力する」と言ったらCCGみんなついて行くだろうと話しています。

什造自身も「みんなで行った方が楽チン」という理由で喰種と協力することが決定します。

什造の一言は、歴史を変える力を持っているということですね。

 

そう思うと、周囲への影響力の大きい人物ですね。

上記で、何が魅力なのかを書かせていただきましたが、CCG内でもその魅力は十分に浸透したものと思われます。

それだけ、周りの人達に本当に慕われているということでしょう。

シノハラさん、什造は立派に育ちましたよ。

 

篠原さんと什造

大好きなシノハラさんが長い眠りについて長い月日が過ぎました。

そんなシノハラさんが、竜戦後、医療の発達のおかげで意識を取り戻します。

什造号泣。

あんなにも自分の感情を抑えることなく、心のままに表現する什造を見たことがなかったので、什造が号泣しているシーンはもう本当に何とも言えないものが私の胸にもこみ上げてきました。

 

結局、什造はTSCの最高位「竜将」となり、実績・実力ともに最高クラスの保安官として尊敬を集めたようです。

什造は、たまたま喰種に育てられましたが、シノハラさんのおかげで人として本当に立派に変わることができました。

それは、什造の心が素直で綺麗だったからなのではないかいと私は思っています。

私が什造のことが大好きだというのもあるのかもしれませんが、シノハラさんの意識が戻るシーンは、本当に涙なしでは観ることができないシーンだなと思います。

 

【関連】

 

スポンサーリンク