めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

『ジョジョ5部』亀(ココ・ジャンボ)のスタンド・ポルナレフとの関係は?

亀(ココ・ジャンボ)は、ジョルノ達みんなの拠り所。

今回は、第5部に欠かすことのできない重要な生き物、亀のココ・ジャンボについて見ていきましょう。

作品中には名前は語られなかったものの、

  • ブチャラティ達を運ぶ重要な乗り物であり、
  • ポルナレフにとって重要な役割を果たしたり、

この作品とかなり密接に関わってきました。

この亀のキャラクターやスタンド能力、作品への関わりを見ていきたいと思います。

※ネタバレが含まれますので注意してください。

スポンサーリンク
 

 

ココ・ジャンボのキャラクターとは?

ジョジョの奇妙な冒険ABC 7弾 【コモン】 《キャラカード》 J-644 ココ・ジャンボ

パッショーネのボスが、娘のトリッシュの保護のためにブチャラティに渡したアイテムが、この亀(ココ・ジャンボ)です。

大きさは、作中でみんな両手で持ったりしているため、直径20センチぐらいかなという印象です。

亀の甲羅の部分に「鍵」をはめ込むことで、カギの装飾部分から中に入ることができます。

 

基本的に亀なので、話したり、ブチャラティ達のために何かするなどの行動はもちろん見られません。

しかし、亀の習性により、物陰に隠れたりと隠密行動にはうってつけの乗り物となっています。

例外として、ペッシのビーチボーイによる生き物探索能力を使われると、その存在はすぐバレてしまいます。

ですが、そのような特殊能力の追っ手でなければ、まず気付かれずに逃げ切れます。

【関連】 ペッシの強さ・スタンド能力とは?

 

また物語終盤では、「シルバーチャリオッツ・レクイエム」の能力により、ポルナレフの魂が亀と入れ替わったため、世にも奇妙な『喋る亀』が誕生しました。

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 41.J・P・ポルナレフ(荒木飛呂彦指定カラー)

ポルナレフの魂が入ってからは表情も豊かになり、亀がドアップで喋っている時は可愛らしささえ感じられました。

ネタバレになりますが、シルバーチャリオッツ・レクイエムの破壊により、入れ替わった魂が元に戻ってからは、喋らない亀に戻ります。

ただ、スタンド能力によるものか、ポルナレフの魂の住処となることができたため、カギの装飾の部分からは出られませんが、ポルナレフも生き続けることができました。

 

3部ファンとしては、ポルナレフがリタイアしなくて本当嬉しい限りです。

そして、亀のココ・ジャンボはなんとスタンド能力も持っています。

どんなスタンド能力を持っているのでしょうか、分かりやすく説明します。

 

ココ・ジャンボのスタンド能力・強さ

亀のココ・ジャンボのスタンド名は、後に発表となりましたが、『ミスター・プレジデント』というものです。

ジョジョの奇妙な冒険ABC 7弾 【アンコモン】 《ステージ》 J-713 ミスター・プレジデント

能力は、亀の甲羅部分に専用のカギをはめることにより、カギの装飾品の宝石部分から中に入ることができる部屋を作る能力です。

「亀の中に入れる」ということ自体がスタンド能力だったわけですね。そりゃ当たり前ですが。

よって、戦い向きのスタンドではなく、完全にサポート型のスタンド能力と言えます。

 

これまで出てきた動物のスタンド使いは、3部のイギーしかり、4部のネズミしかり、結構攻撃タイプのスタンドが多かったので、ココ・ジャンボは珍しい部類に入るのではないでしょうか。

ちなみに、ココ・ジャンボの部屋の中には電気なども通っており、テレビや冷蔵庫、ソファーやテーブル、押入れもあります。

ここまでいくとかなり快適に過ごせそうですが、ただトイレは無いようです。

トリッシュがトイレをしたいとなった時には、押入れの中にブチャラティがジッパーで穴を作り、そこで用をたすように仕向けるという、なかなかデリカシーのないやり取りも面白いです。

スポンサーリンク
 

宝石部分から中の様子を見ることもできますし、逆に宝石の側にいる人の様子を亀の中から見ることもできるようです。

また、体の一部のみ中に入ったり、逆に一部のみ出したりもできるようです。

これはかなり便利です。

この機能によって、ブチャラティは、ジッパーで切り離した腕のみ中に入れて攻撃を行ったりもしていました。

 

ちなみに、中からは天井部分から外に出ることができるようです。

この部屋の中は、亀にカギがはまった時のみ使用できるようになるため、カギを外すと、中に入っている生物のみ、強制的に外に出されます。

この現象を使い、メローネとの戦いの時には、ジョルノは姿の見えないベイビィ・フェイスを外に出現させることに成功しました。

【関連】メローネの強さ・スタンド能力とは?

 

亀ココ・ジャンボの作品への関わりとは?

ブチャラティ一行は、トリッシュの護衛を任され、共に行動することになりました。

そして、トリッシュを安全に自分の場所に運ぶために、パッショーネのボスはブチャラティ一行にいくつかの司令を出していきます。

その司令のひとつが、”カギ”の入手であり、そのカギを持ったブチャラティ一行をネアポリス駅に向かわせます。

そして、その駅で手に入れる物がココ・ジャンボだったのです。

 

当初、駅にて手に入れたカギがあう鍵穴が見つからず、ブチャラティは混乱しましたが、水道のところにいた亀の背中にカギのハマる凹みを見つけ、その亀を持って列車に乗り込みました。

これ以降、基本トリッシュとその護衛メンバーは、亀の中に待機させられ、戦いや任務を行うメンバーのみが亀から出て行動するというようなやり方をしていきます。

最後の戦いの舞台であるローマのコロッセオにおいても、亀は主人公たち一行と行動を共にします。

そして前述したように、ポルナレフと入れ替わったり、肉体が消えてしまったポルナレフの魂を、亀のその中に留める能力にて住まわせてあげたりと、最後まで活躍を見せました。

 

第5部の唯一の動物のスタンド使いである、亀のココ・ジャンボ。

戦いにおいてジョルノ達をサポートする役ではなかったものの、中盤から最後まで登場し続け、存在感を増していきました。

ジョルノ達のそばには、必ずこの亀が存在します。

そんな守り神のような亀のココ・ジャンボ、可愛らしいため、きっとアニメでも人気が出ること間違いなしですね。

 

ブチャラティチーム

パッショーネのボス敵対チーム

パッショーネのボス直属親衛隊

パッショーネ関係・その他

スポンサーリンク