めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

約束のネバーランドのレイとイザベラの関係とは?

ここでは、「約束のネバーランド」の準主役キャラクター、レイについて、詳しくまとめていきます。

準主役キャラクターであるレイですが、エマと一緒に行動する今後はどうなるのでしょうか。

また、気になるイザベラや父親との関係についても触れていきます。

※ネタバレが含まれますので注意してください。

スポンサーリンク
 

 

「約束のネバーランド」のレイ

孤児院グレイス=フィールドハウスで暮らす子供たちは、 優しい母親代わりの「ママ」と慕われているシスターのイザベラの元、学校代わりの教育とテストで教養を養い、12歳になるまでに里親の元へ引き取られるという事でした。

エマ、レイ、ノーマンの3人はテストで度々フルスコア(満点)を取るほど優秀で、3人とも子供の中では最年長の11歳です。

その優秀な3人の中でもレイは、博識な読書家で孤児院で1番の知識人です。

読書をしている事が多く、クールなレイですが、年長者として弟妹たちの面倒見も良く、頼れるお兄ちゃんといったところです。

 

里親に引き取られる事になった孤児院の子供の1人、コニーが大事にしていた人形を忘れた為、エマとノーマンで届けようと近づいてはいけないと言われていた門に行き、コニーが出荷される瞬間を目撃したことで、孤児院が実は鬼の「食肉飼育場」であった事が分かります。

食肉として出荷されるのを待つだけの運命に抗うために、脱獄を決意するエマとノーマンは、レイ、ドン、ギルダを仲間に入れて、脱獄計画を進めていきます。

レイは小さな子供も含め全員での脱獄は無理だと諦め、年長者だけの少数での脱獄を提案しますが、エマはあくまで全員での脱獄を望みます。

そして、実質的にリーダーのノーマンも、全員は現実的に厳しいと思いながらも、好意を寄せるエマの願いを叶える為、全員での脱獄を目指したのでした。

 

しかし、実はレイは内通者だったのです。

6歳の頃からずっとイザベラのスパイとして子供たちの監視を手伝い、制御してきました。

同じく準主人公であるノーマンは内通者の存在に気付き、レイを罠にかけ、レイがスパイであると突き止めましたが、本当はレイは子供たちの味方であるという真意を見抜きます。

レイは6年間かけてエマやノーマンを脱獄させるために、イザベラの信用を得て情報を集め、たった1人で脱獄の準備してきました。

スパイであることがばれて本当の意味でレイも仲間に加わり、着実に脱獄する準備を整えていきますが、脱獄の下見をママに見つかり、計画を封じる為にエマの足を折られ、突如12歳になる前にノーマンの出荷が決まってしまいます。

ノーマンの想いを無駄にしない様に、エマたちだけは無事に脱獄できる様に、脱獄当日、イザベラを引きつける為にレイは身体中に灯油を被り、自分に火をつけようとしますが、その考えも予想していたノーマンの指示でエマが阻止し、それを利用した作戦で孤児院に火を放ち、脱獄に成功したのでした。

 

レイの能力とは?

孤児院グレイス=フィールドハウスの子供たちの中では最年長の11歳で、テストでは度々フルスコアを取るなど優秀で、孤児院では一番の知識人です。

現実主義者で少し諦めが早く、一度決めた事は曲げない頑固な一面もあります。

幼児期健忘が起こらなかった為、母親のお腹の中にいた記憶まで断片的に残っています。

その為、誰よりも早く孤児院の真実に気が付く事ができ、イザベラと内通し、12歳での円満出荷と通常では入手できない物資をご褒美として要求していました。

その真の目的は、エマとノーマンを脱獄させる事で、6歳からさまざまな駆け引きをイザベラと繰り広げていました。

脱獄以降は、誰1人犠牲になる事が無いように全員で外の世界で生き延びるという理想を追い求める考えを持つようです。

スポンサーリンク
 

レイとイザベラの関係とは?

孤児院グレイス=フィールドハウスで、唯一母親が分かっているのがレイです。

レイの母親はママ=イザベラですが、なぜレイの母親だけ分かるのかというと、幼児期健忘が無かったレイは、イザベラのお腹の中で聞いた歌を生まれて大きくなってから口ずさみ、それにイザベラが気付き、自分の子供だと分かります。

その理由は、口ずさんだ歌はイザベラが子供の頃一緒に育った食用児のレスリーが作ったオリジナルソングで、レスリーは出荷されこの世におらず、この歌を知っているのはイザベラとお腹にいた子供しかあり得ないからでした。

イザベラも子供とは出産してすぐ離ればなれになった為、我が子がどこの農園で育っているか知りませんでした。

鬼に出荷する為に自分が育てている子供の中に我が子がいるという事実は、イザベラを非常に複雑気持ちにさせました。

 

脱獄後のレイはどうなったのか?

脱獄してからは追手に襲われたりトラブルもありましたが、人間を食べない鬼のソンジュとムジカの助けもあり、ミネルヴァの用意した地下シェルターまで全員で無事にたどり着きます。

先にシェルターで生活していたグローリー=ベル出身のユウゴが追い出そうとしますが、強引に居座り、新たな希望を求め、ゴールディ・ポンドヘ、レイとエマはむりやりユウゴに案内してもらいます。

しかし、ゴールディ・ポンドは鬼の上級貴族の秘密の狩場となっていました。

密猟者に秘密の狩場ヘ連れ去られたエマを助けにレイとユウゴも侵入し、ユウゴのかつての仲間、ルーカスや狩場にいた食用児たちと協力して、鬼の上級貴族を全て倒します。

この戦いでエマは重症を負い、シェルターヘユウゴと先に戻って治療するも、意識回復までに4週間かかりました。

ゴールディ・ポンドの他の食用児もシェルターヘ合流し、大所帯ですが、ユウゴもルーカスが生きていて合流できた事で、友好的で協力的です。

ゴールディ・ポンドに隠されたミネルヴァのメッセージから、全ての食用児の救済を目指す為に七つの壁を探す事になり、エマとレイはまた旅に出る事です。

  • 七つの壁とは何なのか?
  • ノーマンと再会できる日はやってくるのか?
  • フィルたちを迎えに行く事はできるのか?

など、まだまだ謎や見どころがたくさんありますので、今後を期待して待ちましょう。

 

スポンサーリンク