めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

約束のネバーランドのフィルの今後を考察|ラムダ7214行き?

ここでは、「約束のネバーランド」の驚異的な頭脳の持ち主で重要なキャラクターであるフィルについて、詳しくまとめていきます。

4歳児でありながら、主人公たちに追随するほどの天才であるフィル。

あえて主人公たちと一緒に脱獄しないなど、肝の据わり方が尋常ではない隠れた主人公について見ていきましょう。

※ネタバレが含まれますので注意してください。

スポンサーリンク
 

 

「約束のネバーランド」のフィル

孤児院グレイス=フィールドハウスで暮らす子供たちは、 優しい母親代わりの「ママ」と慕われているシスターのイザベラの元、学校代わりの教育とテストで教養を養い、12歳になるまでに里親の元へ引き取られるという事です。

エマ、レイ、ノーマンの3人は、300点満点の半分もできれば優秀と呼べるレベルの難易度のテストで度々フルスコア(満点)を取るほど優秀で、3人とも子供の中では最年長の11歳です。

その3人を除くと次に優秀なのが10歳のギルダとドンという事で、基本的には年長者の方が優秀です。

しかし、フィルは4歳児という年齢で度々200点台を出すほどの賢さを持っています。

性格的には活発で、遊ぶ事が大好きです。

エマの事を大好きなお姉ちゃんといった感じで慕っています。

 

出荷されるのを待つだけの運命に抗う為、脱獄を決意するエマとノーマンは、レイ、ドン、ギルダを仲間に入れて脱獄計画を進めていきます。

色んな情報を集める中、フィルはミネルヴァの絵本に隠されたモールス符号に気付き、エマにそれを教えてくれるなど、とても4歳児とは思えない鋭い感性を見せ、エマたちを助けてくれたりします。

エマ達からハウスの真実を告げられた際も、鬼ごっこの時にシスター・クローネが言っていた「収穫」という言葉の意味や、エマ達の様子から何か恐ろしいことが起こっていることを感じていた為、受け入れるのも早く、4歳児とは到底思えないものわかりの良さを発揮していました。

また、エマ達が「4歳以下は1番誕生日が早い子でも最低1年半は収穫を先延ばしにできる事から、4歳以下を残して脱獄するかで悩んでいる」ことを告げると、「待てるから置いて行くように」と提案し、4歳以下の子供達の中で唯一ハウスの真実を知る者として後のことを引き受けるという大役を担うことになったのです。

 

4歳児とは思えないフィルの凄さとは?

孤児院グレイス=フィールドハウスの子供たちの中では、テストのできはノーマン、レイ、エマ、ギルダ、ドンという順番で優秀です。

そして、常に200点台以上なのはギルダまでという事で、いかに難易度が高いかが伺えます。

フィルはここ直近の7日間の平均点は200点を超えるという優秀さで、レイもその平均点の高さに驚いていました。

さらにフィルは、相手の戦略、行動を読み、洞察力、分析力を養う遊び、鬼ごっこでは、シスター・クローネ相手に最後の5人に残るという結果を残します。

4歳児の身体能力で、圧倒的に身体能力が高い大人のシスター・クローネを相手に逃げ続けるのは至難の技ですが、ここでもフィルがいかに凄いか分かると思います。

あまりに優秀な為、一緒に過ごしてきたエマたちですら驚くほどです。

スポンサーリンク
 

フィルと主人公エマの関係とは?

フィルはエマの事がとても大好きです。

大好きなお姉ちゃんといった感じで慕っています。

エマにとっては守るべき大切な家族であり、4歳児としてはずば抜けて優秀な為、頼りにしている所もある存在です。

実際に、エマはフィルの気付きに助けられたり、脱獄後の4歳以下の家族の事を任せたりといった事をしている事からも関係性が分かります。

フィルは満面の笑みでエマを呼び、一緒にはしゃいだり、エマに抱えれキャッキャとしていたり、逆にエマと遊べずにしょんぼりしているなど、とにかくエマが大好きな描写が多いです。

 

仮説として、フィルとエマは実の兄弟では無いかという説があります。

孤児院の子供たちの両親についてはほとんど何も分かっていませんが、唯一分かっているのはレイの母親がママ(イザベラ)であるという事だけです。

飼育監は優秀な女が選ばれ、出産を義務付けられています。つまり、他の子供たちも飼育監を母親に持つ可能性が高いです。

父親については何も分かっていませんが、食用児であっても生きている可能性は低いと思われます。

なぜなら妊娠において確率が低く、時間のかかる普通の子作りより人工受精、体外受精の方が効率が良い為、その場合子種さえあれば父親は生きている必要が無いと思われるからです。

父親の子種も優秀であれば数はそんなにいらない為、血縁関係がある異父兄弟、異母兄弟がたくさんいても不思議ではありません。

さらに優秀なノーマンやレイ、エマなどは同じ母親、同じ父親で何人も兄弟がいてもおかしくない為、エマとフィルが実の兄弟である可能性も充分にあり得る話です。

というか、可愛くて賢いフィルがエマと本当の兄弟であって欲しいという希望でもあります。

 

エマたちが脱獄した後、フィルはどうなった?

エマ達の脱獄後は、4歳以下のフィル達は4つのプラントに分散して移され、他のプラントに移された子供たちの近況は分からないですが、フィルは何も知らないふりをして普通に暮らしています。

移されたプラントではサイモンと仲良くなりますが、ほどなくしてサイモンは出荷されます。

真実を知っている為、出荷を前にするとエマたちの計画を台無しにしてしまわない様に、気持ちを押し殺して見送るなど、苦しみに耐えながら暮らしています。

今後、エマたちが迎えに来て再会する事となるのか、 約束の6歳になっても迎えに来なかった場合、自力で脱獄するのかフィルの動向にも目が離せません。

次に登場する時は、もっと成長して少しカッコよくなったフィルが見られるかもしれませんので、期待して待ちましょう。

 

スポンサーリンク