めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

『ジョジョ5部』カルネの魅力|強さとスタンド能力を解説します

カルネは亡くなっても無敵?

今回はボスの親衛隊の1人、カルネについて見ていきたいと思います。

カルネは「登場してすぐに敗北する」という、これまでのジョジョの奇妙な冒険の中でも、かなり異質なキャラクターの一人です。

しかし、その理由は、この記事を読んでいただけたら理解できることでしょう。

それでは、カルネのキャラクターやスタンド能力、作品への関わりについて見ていきたいと思います。

※ネタバレが含まれますので注意してください。

スポンサーリンク
 

 

カルネとは

ジョジョの奇妙な冒険ABC 7弾 【コモン】 《キャラカード》 J-668 カルネ

カルネはボスの親衛隊の1人で、小太りな体型をしています。

頭には雫のような柄が描かれたヘアバンドを巻いており、髪型は3部のポルナレフのように上に立てた髪型をしています。

カルネもですが、第5部の敵キャラクターはヘアバンドをしているキャラクターが多い気がするのは、気のせいでしょうか?

話を続けますが、顔にも特徴があり、目の周りを黒く塗り、口にも口紅のようなものをつけているため、見た目が本当に不気味な印象を与えています。

 

すぐにミスタのスタンドにてやられるため、「カルネがどのような人物で、どんな話し方をするか」などは原作では描かれていません

本当に可愛そうなキャラです。

そして彼の風貌も相まって、なおさら不気味な感じが強く出ています。

アニメでも全く言葉を発さずに亡くなってしまうのでしょうか?気になりますね。

では、そんなカルネのスタンド能力とは、どういうものなのか、次は見ていきましょう。

【関連】グイード・ミスタの強さ・スタンド能力とは?

 

カルネのスタンド能力と強さ

カルネのスタンド名は、『ノトーリアス・B・I・G』と言います。

ジョジョの奇妙な冒険ABC 7弾 【コモン】 《スタンド》 J-707 ノトーリアス・B・I・G

本体であるカルネが亡くなることによって発現したスタンドです。

しかし、カルネはミスタの攻撃を受けている途中でも、スタンドを出す素振りを見せていました。

なので、厳密には亡くなってから発現しただけのスタンドではないのかもしれません。

このへんの本当のところはわかりません。

 

ノトーリアス・B・I・Gの外見としては、両腕があり、顔の右側に仮面のようなものをつけています。

最初はスタンド自体は出てこず、亡骸の一部のような物体として登場していました。

そして、ノトーリアス・B・I・Gは

「攻撃することで相手の体にくっつき、くっついた者の肉体やスタンドエネルギーを取り込んで成長する」

という自動追跡型のスタンドです。

 

ノトーリアス・B・I・Gに攻撃を加えても全く効果はなく、むしろ取り込まれる危険があります。

そのため、攻撃はせず、取り込まれた部分ごと捨てるしか逃れる術はないという無敵のスタンドです。

飛行機の中のような閉鎖空間でもっとも力を発揮するスタンドのようです。

 

このスタンドは、本体カルネが亡くなって発現しているために、

  • 射程距離はなく、
  • 攻撃力も高く、
  • スピードも早い、
  • さらに、倒すこともできない

という、基本性能だけで言うと最強クラスのスタンドです。

スポンサーリンク
 

しかし、ノトーリアス・B・I・Gの攻撃には規則性があり、素早く動くものに攻撃を加えるという習性があります。

そのため、ノトーリアス・B・I・Gが動いてる対象を攻撃している時、その物体よりもゆっくり動きながらスタンドに攻撃を加えると、その攻撃は効果があり、スタンドを消滅させることができます。

しかし、ほんの少しでも残っていると追跡することは可能です。

物語では、トリッシュのスパイスガールで細切れになるも、その一部が飛行機の動力炉を取り込み、巨大化して再度攻撃を開始するという無敵さを見せつけていました。

 

カルネの作品への関わりとは?

ヴェネツィアからサルディニア島に向かうため、飛行機を奪取しようと空港にやってきたブチャラティチームですが、その飛行機が飛び立とうとする直前に、滑走路に侵入してくる人物がいました。

それが、敵のカルネです。

特に何をするでもなく、ブチャラティ達の元へ向かってくるカルネに対してミスタは警告します。

その直後、警告したにもかかわらずカルネが”スタンドらしきもの”を出したため、ミスタはスタンドにて攻撃し、カルネはその場で亡くなってしまうのです。

 

亡くなったことは、ジョルノがゴールド・エクスペリエンスにて確認します。

実際は、この時にジョルノの腕にくっついていたようです。

その後、追手もなく、飛行機は上空へと飛び立ちます。

何事もなくサルディニアに辿り着けるかと思われましたが、ここで『ノトーリアス・B・I・G』が動き出すのです。

 

正直、本当に無敵のスタンドです。

これまで述べてきたように、カルネ自身は最初しか登場せず、直ぐに亡くなってしまうという呆気ないやられ方をします。

これまでにないやられ方で驚かされますが、その事で発現したノトーリアス・B・I・Gは、どんな攻撃も寄せ付けないという、さらに驚かされる結果となりました。

 

「本体はすぐに亡くなったのに、スタンドは絶対に消えない」

という相反する人物とスタンドは、これまでに見たことないぐらいに異質で変わっているため、アニメでどう描かれるのかとても楽しみですね。

 

パッショーネのボス直属親衛隊

ブチャラティチーム

パッショーネのボス敵対チーム

パッショーネ関係・その他

スポンサーリンク