読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『3月のライオン』応援ブログ

『3月のライオン』を中心に、さまざまな作品の感想や豆知識を掲載しています。

漫画『3月のライオン』6巻の感想とあらすじについて

こちらでは、『3月のライオン』6巻の感想とあらすじについてまとめています。

※注:この記事はネタバレ要素を含んでいます。

 

ひなたちゃんの学校生活に異変が!?

誰かの力になるために将棋を打つ零。

零は、ひなたちゃんの助けになることはできるのか。

注目の6巻です。

<スポンサーリンク>
 

 

漫画『3月のライオン』各巻の感想とあらすじは以下の記事にまとめています。

漫画『3月のライオン』各巻の感想とあらすじ一覧

 

【この記事の目次】

 

『3月のライオン』6巻のあらすじ

クラスでいじめられていた友人をかばったことで、今度は自身がいじめのターゲットにされてしまったひなた。

零はそんな辛そうなひなたを見て、なんとか助けになりたいともがく。

 

そして考え抜いた結果、ひなたのために将棋で戦うこと誓った零。

ひなたのために多くの賞金を手に入れようと戦う零であったが、その過程で二階堂との交流が増えていく。

新人戦の決勝で二階堂と戦うことも目的のひとつに加わるのだが、零は決勝で二階堂と戦うことはできるのか!?

 

ひなた、二階堂のために必死で将棋を打つ零の行く末や如何に。

 

『3月のライオン』6巻のツイッターの感想まとめ

<スポンサーリンク>
 

 

『3月のライオン』6巻の感想

いじめのターゲットにされて辛そうなひなたちゃん。

可哀想すぎて読んでられないよ!!

それにしても、ひなたちゃんの担任の先生はひどいですね。

林田先生の爪のアカを煎じて一日3回ほど処方したい・・・。

 

それに比べて、林田先生は本当に”教師の鏡”のような人ですね。

彼のような先生が元担任であったことが、零くんにとって本当に救いになっているような気がします。

 

そして6巻にきてついに、零くんが二階堂くんのことをライバルと認識し始めたようですね。

新人戦決勝で零くんに挑もうと必死で努力する二階堂くんは本当にアツい!!

しかし、零くんの”慢心グセ”はいつになったら抜けるのか・・・。

 今後の展開が楽しみです。

 

 

 

スポンサーリンク
 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。