読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『3月のライオン』応援ブログ

『3月のライオン』を中心に、さまざまな作品の感想や豆知識を掲載しています。

漫画『3月のライオン』5巻の感想とあらすじについて

マンガ

こちらでは、『3月のライオン』5巻の感想とあらすじについてまとめています。

※注:この記事はネタバレ要素を含んでいます。

 

地元の人々の中に溶け込む島田八段の姿と自身を比べ、孤独な学校生活に悩む零。

そんな零に対し、竹田先生は「将棋部」を作ることを提案する。

零のまわりがどんどん賑やかになっていく。

そんな5巻です。

スポンサーリンク
 

 

漫画『3月のライオン』各巻の感想とあらすじは以下の記事にまとめています。

漫画『3月のライオン』各巻の感想とあらすじ一覧

 

【この記事の目次】

 

『3月のライオン』5巻のあらすじ

将棋のイベントによって、島田八段の故郷である山形県天童を訪れることになった零たち。

そこで零は、自分と同じ棋士でありながら地元の人々の中に見事に溶け込んでいる島田八段の姿を見るのだった。

 

一方学校生活では、いまだに学校で友人を一人も作ることが出来ていなかった零を見かねた先生が、零に「将棋部」を作ることを提案する。

上手くいかない部員集めの中、同じく部員数の少ない「放課後理科クラブ」と合併することに。

新たに創設した「将科部」で、零に友人はできるのだろうか。

 

また、将棋に対して本気になりきれず、未だに慢心が抜けきれていない自身を恥じている零。

そんなとき、川本家次女のひなたの学校生活に異変が起こる。

上手くいかない学校生活に悩むひなたのために、零は必死に自身にできることを考えるのだった。

 

『3月のライオン』5巻のツイッター上の感想まとめ

<スポンサーリンク>
 

 

『3月のライオン』5巻の感想

5巻の前半は、厳しいプロの世界を生き抜く棋士たちの葛藤に焦点が当たっており、『3月のライオン』”らしさ”が上手く出ていたと思います。

やはり、宗谷名人にしても、プロの世界で生き抜くためには、並大抵の精神では難しいのでしょうね。

そして、零と戦いたがる二階堂くんが微笑ましい。笑

 

また、香子と後藤九段の関係もより掘り下げられていましたね。

後藤九段は香子のことを手のかかる子供程度にしか見ていないが、香子はそんな後藤九段になんとか振り向いてほしくてもがいている、といった感じなのでしょうか。

目覚めない妻の肌をケアする後藤九段のシーンは、なんとも言えませんね。

 

後半のひなたの展開は予想外でしたね。

まさか、あんなに明るいひなたちゃんが学校でターゲットにされるなんて。

しかし、あそこまで露骨なやり方は、リアルでも中々ないのではないでしょうか。

 

また、ひなたちゃんの助けになりたい一心で行動する零くんはかっこよかったですね。

さらっと、ラストに”一生”という言葉を使っているのが、零くんらしい。笑

今後の展開が楽しみです。

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。