アニメ・漫画を語るッ!!

さまざまなアニメや漫画、ライトノベル作品の感想や豆知識を掲載しています。

漫画『3月のライオン』12巻の感想|ネタバレ含む

 

今回は、漫画『3月のライオン』12巻の感想についてまとめました。

少々のネタバレを含みますので、注意してください。

あかりさんの結婚相手を真面目に探す零に笑い、漢として土橋九段と戦う藤堂さんにシビれた12巻でした。

 

スポンサーリンク
 

 

11巻のおさらい

大阪で雷堂”棋竜”と対局する零だったが、川本三姉妹と”捨男”こと誠二郎のことが頭から離れることはなかった。

そして何とか対局日のうちに東京に帰ることが出来た零は、川本家近くのレストランで誠二郎を見つける。

川本家に取り入ろうと口八丁でたたみ込んでくる誠二郎を相手に、理詰めで応戦する零。 そんな零の態度に打つ手がなくなった誠二郎は、ついに最終手段をとるのだった。

 

『3月のライオン』11巻の感想とあらすじはこちら 

 

12巻のあらすじ

川本家の実父との決別後、長女あかりの将来を案じる桐山零は、彼女を幸せにしてくれるような男性を知人から探し出そうとします。

候補としてまず上がったのが、零の学校の先輩野口と担任教師の林田でした。

野口は、その頭の良さから将来を有望視されましたが、林田は、かつてのあかりの実父と同じ現国教師であることから、あかりとその叔母から(冗談で)軽視されてしまうことに。

桐山の「同じ男を見る目」は非常に厳しく、あかりの相手探しの件は当面続きそうな予感もあるのでした。

 

一方、行きつけのキャバ嬢と妻子との間で心が揺れている藤本雷堂は、対局も控えて鹿児島の実家に帰っていました。

彼は、指宿を訪ねますが、そこで偶然にも顔見知りのキャバ嬢達や妻と2人の娘も同じ場所に来ていることを知ることに。

動揺しながらも、現地で土橋九段との対局に臨んだ藤本は、男の意地とプライドに懸けて勝利しようとします。

2人の対局は接戦となり、テレビ中継で夫の投了までを見守った藤本夫人は、途中で涙を流しながらも、2人の娘に腰を据えて父親の戦いを見るように促すのでした。

 

また一方で、桐山の仕事に便乗して同じく指宿に来ていた川本姉妹達も現地での観光を満喫します。

砂風呂の後で、浮気と離婚の危機を迎えたと思われた藤堂が逆に家族から迎え入れられて和解する所を見てしまったあかりとひなた。

一瞬だけ、決別した実父を思う彼女達でしたが、「自分たちの選択がこれで良かったのか」ではなく「良かったと思える」エンディングにしようと、明るく前向きに、考えるように決意するのでした。

さて、指宿から帰ってきた3姉妹は夏まつりの準備を考えますが、そのメニューとは・・?  

 

スポンサーリンク
 

 

12巻の感想

前巻でとても辛い思いをした川本姉妹達に、

幸せになって欲しいな、なれるよね?

と思っていましたが、この12巻では冒頭から「あかりさんの幸せ計画大作戦」を謳ったようなエピソードが展開されていました。

ひなたちゃんにはもう零君がいるのだから(笑)、次はあかりさんだよね。と思っていた所でしたので、一読者としては嬉しい限りです。

勿論モモちゃんにも、ゆくゆく見つかるとは思います。

 

その後の展開も気になりますが、この巻でのメインの一つが何と言っても藤堂棋士のダイナミックな独白シーンとその言動でしょう。

対局中の独白シーンも山あり谷ありで、戦国武将のように男らしく突き進む様子を見せる藤堂と、マイペースに独特にそれを制していく土橋九段。

その描写シーンもたちまちのうちに引き込まれていくでしょう。

また、それとは正反対に指宿のリゾート地のプールで、自分の妻子と行きつけのキャバ嬢との鉢合わせを目撃した後の独りよがりな独白は、もはやギャグ以外の何モノでもなく、爆笑を誘う事間違いなしです。

妻子がいながらも、モテまくりたい男藤堂はお気に入りのキャバ嬢の言葉にも夢中になります。

そしてその後、(藤堂の独りよがりで)あわや離婚の危機(!)とも思われましたが、娘達の「そのキャバ嬢にむしられている」発言と、何と言っても、妻の一言で収まるのでした。

この藤堂の妻、櫻子のセリフはほぼ丸ページ分を使って描写されているのですが、いつ見ても圧倒され、「お見事」の言葉に尽きます。

確かにそう言われては男もグウの音も出なくなりますよねって思います。

ネタバレになるのでどう言ったかは書きませんが、是非12巻を直接手にとって見てみて下さい。

 

藤本一家の一件落着を見た後のあかりさん、ひなたちゃんの描写も切ないですよね。

が、彼女たちの前向きな独白と夕日の描写がまた胸を打つもので良いですね。一方、指宿から帰ってきた川本姉妹は、夏まつりで出す売り物を決めます。

ネタバレになってしまうので、詳しくは書きませんが、羽海野チカ先生の食べ物のイラストは毎回毎回どれも美味しそうに描かれています。

そして、「ああ!そんな料理もあると美味しそうね!」と納得できるようなものばかりです。勿論、夏まつりメニューだけではなく、川本家の普段のお昼料理も、作り方の紹介付きで描写されていますので、そちらもお見逃しなく。

「実際に是非作ってみたい!」と思いました。

 

また、主人公桐山零とその個性あふれる対局者達にも注目です。

瘦せぎすで不気味な雰囲気さえ醸し出している滑川七段は、他の対局者曰く「桐山くんが大好き」とコメントされています。

彼と零くんのギャグあり、シリアスありの対局シーンに、爆笑&ハラハラドキドキでした。

そして、そして、夏まつり当日に繰り広げられる、あかりさんの心を掴もうとする熱い男達の想いの行方は・・・?

以上、12巻を手にとってお楽しみ下さい!

 

13巻の発売日についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

漫画『3月のライオン』13巻の発売日やネタバレについて予想してみる。

 

 

スポンサーリンク
 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。