読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『3月のライオン』応援ブログ

『3月のライオン』を中心に、さまざまな作品の感想や豆知識を掲載しています。

映画『3月のライオン』のネタバレ・あらすじ考察

映画「3月のライオン」

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

 ここでは、映画『3月のライオン』のネタバレ・あらすじについての考察をまとめています。

神木隆之介さんや佐々木蔵之介さん、有村架純さんなどなど、人気キャストたちが多数出演している映画『3月のライオン』。

予告動画を見る限り、少々ダークな内容になりそうなこの作品ですが、前編、後編に分けてどのような作品になるのでしょうか。

公式に公開されている情報や予告動画、現在12巻まで発売されている『3月のライオン』の原作をもとにして、映画『3月のライオン』のあらすじを予想してみました。

 

スポンサーリンク
 

 

 

関連記事

『3月のライオン』のモデルや棋士は誰?

映画『3月のライオン』のロケ地まとめ

『3月のライオン』の映画キャストの比較まとめ

 

映画『3月のライオン』について

作品の簡単なあらすじ

『3月のライオン』は、現役の高校生ながらプロ棋士として活躍している主人公の桐山零が、将棋川本家の姉妹との交流を通して成長していく物語です。

小学3年生の頃に両親と妹を亡くし、父の友人で会った棋士の幸田柾近の家に引き取られた零でしたが、将棋棋士の息子として新たな生活を送っていく中で、天才的な将棋の才能を覚醒させてメキメキと実力を伸ばしていきます。

しかし、そんな零を見て素直に喜ぶことが出来ないのは、幸田柾近の実子たちでした。

もともと将棋に触れていた幸田柾近の実子たちは、零の才能の前に、将棋に向き合う心が折れてしまいます。

零の天才的な将棋の才能が幸田家の家族関係にも亀裂を生じさせ、幸田家で孤立してゆく零。

そんな零が、将棋と川本家の姉妹と関わっていく中で成長していく様子を描いた作品が、『3月のライオン』なのです。

 

映画のストーリー(公式)

若き天才ともてはやされる17歳の将棋のプロ棋士、桐山零。

しかし彼には、家も家族も居場所もー何もなかった。

中学生でプ口棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。

幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、自分のせいで幸田家に亀裂が入り、 家を出るしかなかったからだ。

深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、 彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。

温かな支えを胸に、闘いへと飛び込む零。

若手NO.1を決める新人戦、最高峰を決める師子王戦― それは様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神のすべてを賭ける想像を絶する闘いだった。

ところが、ある事件が川本家を襲い、さらに3姉妹を捨てた父親が現れ、耳を疑う要求を突き付ける。

一方、幸田家も子供たちが父に激しく反発し、崩壊へと向かっていく。

大切な人たちを守るため、強くなるしかない―新たな決意のもと獅子王戦トーナメントに挑む零。

トップには、将棋の神の子と恐れられる宗谷名人が待ち受けていた―。

http://3lion-movie.comより引用

 

映画『3月のライオン』公式サイトのストーリー紹介を見る限り、少々暗めな内容の映画になるかもしれませんね。

 

原作のあらすじ

公式HPの情報と予告動画から、映画化されるのは、原作の1~7巻と10~11巻の部分だと考えられます。

ここで、映画に関連すると思われる、原作の流れをおさらいしてみましょう。

 

1巻:”孤独”に悩む零

『3月のライオン』1巻は主人公である桐山零と川本家の3姉妹たちとの交流がメインの話になります。

両親と妹に先立たれ、引き取られた幸田家でも孤立してしまう、そんな”孤独”に悩んでいる零を温かく迎える、川本家の人々が見どころですね。

棋士では、人気キャラクターである二階堂晴信や、松本一砂、三角龍雪たちが登場します。

そして、零が通う高校の担任である林田先生も、1巻から登場します。

1巻の印象的なシーンとしては、幸田家の長女である幸田香子に暴力をふるわれたことを零が回想するシーンが挙げられるでしょう。

『3月のライオン』1巻のネタバレと感想

 

2巻:葛藤する零

「どこかに行きたかった」のではなく、「どこかへ行ってしまいたかった」。

プロ棋士として忙しい順位戦に臨む零でしたが、プロとして初めて2連敗し、高校にもなかなか馴染めないなど、すべてが中途半端に。

将棋に対してどこか本気になれない自分に対してますますいらだつ零でしたが、そんな中で、自分との一戦に引退がかかっている松永七段と対局することになります。

棋士歴40年のベテランに引導を渡すべく、容赦なく松永七段を追いつめる零ですが、どこまでも勝ちにこだわって本気で将棋に接している松永七段から、何かを掴みました。

しかし、次の対局で零は、将棋に対して本気の松永七段とはまるで正反対のような挙動の棋士、安井学六段と戦うことに。

本気とは何か、なぜ他人の都合を押し付けられるのか、零の葛藤が描かれている2巻です。

『3月のライオン』2巻のネタバレと感想 

 

3巻:獅子王戦

心機一転し、獅子王戦に向けて準備する零でしたが、そんな零の前に、幸田香子の想い人である後藤正宗九段が現れます。

幸田香子のことをストーカー呼ばわりする後藤九段に対し、殴りかかるほどにキレる零でしたが、結局、獅子王戦決勝トーナメントで後藤九段を倒すことに。

しかし、後藤九段を倒そうと息巻く零の前に、島田開八段が立ちはだかります。

後藤九段しか目に入っていない零は、島田八段をなめてかかるのですが...

『3月のライオン』3巻のネタバレと感想

 

4巻:島田研究会へ

獅子王戦決勝トーナメントが終わり、零は、二階堂も参加している島田八段主催の「島田研究会」に参加することに。

ずっと一人で将棋の研究をしてきた零は、島田研究会を通して大きく成長するきっかけを掴みます。

一方、獅子王戦にも焦点が当てられており、獅子王戦決勝トーナメントを勝ち上がった挑戦者が、”獅子王”である宗谷名人に挑むことに。

 

5巻:天童市へ

島田八段との交流が続く零は、島田八段の故郷でもある”将棋の街”山形県天童市を訪れます。

そこで、自らを応援してくれるファンたちと上手く接している島田八段を見ることで、零は孤独な自分自身を見つめなおすことに。

そして学校で新しく部活動を立ち上げるなど、積極的に行動するようになる零でしたが、そんな中で、川本家の次女である”ひなたちゃん”が、学校でいじめられていることを知ります。

その他、後藤九段が入院している想い人を訪ねたり、宗谷名人が名人位防衛をかけて名人戦を戦うなど、いろいろと盛りだくさんな5巻です。

ちなみに、零が回想で後藤九段に殴られた時のことを思い出すのもこの巻です。

 

6巻:新人戦

ひなたちゃんへのいじめが続いており、ひなたちゃん自身がいじめに立ち向かう6巻です。

零もひなたちゃんのために奔走します。

また、新人戦に向けて準備を進める零の前に二階堂が訪れ、新人戦の決勝で会う約束をさせられることに。

その後、やる気に満ち溢れながら新人戦を戦う零でしたが、二階堂が準決勝の対局中に倒れてしまったことを知ります。

そこで初めて二階堂の持病について知る零でしたが、同時に、二階堂の対戦相手だった山崎順慶が、二階堂の体調の悪さを知りながら、わざと対局を長引かせたことを知ることに。

二階堂の敵を討つと意気込みながら、新人戦の決勝で山崎順慶に挑む零。

新人王に輝くのは、どちらの棋士なのでしょうか。 

 

7巻:いじめ問題が一区切り

ひなたちゃんの担任が、いじめ問題によって学校を休職してしまいます。

しかし、新しい担任のおかげでひなたちゃんのいじめ問題に動きが有り、学校で関係者と保護者を交えた面談が行われることに。

ひなたちゃんの保護者として面談に出席したのは、川本家長女の”あかり”さんで、面談でのいざこざを乗り越えた結果、なんとかいじめ問題に一区切りつくことになります。

 

10巻&11巻:”捨男”来襲

平穏だった川本家の日常が、川本家の姉妹たちの元父親である誠二郎の訪問によって脅かされます。

不倫によって川本家から出ていったはずの誠二郎のとつぜんの訪問によって、振り回されていく川本家の人々。

そんな川本姉妹たちをみかねた零が、誠二郎から川本家を守るために立ち上がります。

『3月のライオン』10巻のネタバレと感想

 

原作を通して

今までの原作の流れを追っていくと、4巻から零の成長を実感できます。

つまり、零が島田研究会に入る頃からですね。

3巻までは、幸田家のトラウマに縛られ、葛藤しながらも前に進む主人公の様子が描かれていますが、4巻からは、将棋においても私生活においても、積極的に前に進もうとする主人公が描かれ始めます。

川本家の姉妹たちや棋士たちと関わっていく中で、零が一回り成長したということなのでしょう。

 

そして、4巻~6巻にかけては、棋士として大きく成長する零が描かれています。

3巻の獅子王戦で己の未熟さを痛感した零が、島田研究会に入るなど、プロ棋士たちと交流する中でどんどん成長してゆくのです。

新人戦の頃には、二階堂くんとのライバル関係を自身で認めるほどになっており、自分のことで手一杯だった頃から比べると、非常に大きく成長していることが分かりますね。

 

また5巻では、川本家の次女である”ひなたちゃん”が、学校でいじめられていることが発覚します。

このいじめ問題が一区切りつくのは7巻であり、零が棋士として大きく成長したことには、”ひなたちゃん”という自分以外の存在ために奔走したことも深く関係しているのではないでしょうか。

 

そして、10巻と11巻では、姉妹たちの元父親が登場します。

おそらく、10巻と11巻の中で映画化されるのは、この元父親の部分だけでしょう。

この元父親は悪い方向にインパクトがあるキャラクターで、作中でも屈指の”クズ”キャラとして描かれています。

なので、幸田家との確執やひなたちゃんのいじめなど、いろいろと暗い部分がピックアップされている映画版(予告動画を見る限り)において、”家族捨男”というキャラは相性が非常にいいのではないでしょうか。

 

ちなみに、映画化されないであろう8巻と9巻は、熱いプロ棋士の世界を中心に描かれています。

特に、8巻の”棋匠戦”はファンが多いはず。

映画の3作目を作るなら、ぜひとも”棋匠戦”も映画化してほしいですね。

 

それでは次に、具体的に映画化される部分について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
 

 

映画の流れを予想

原作の流れから、映画の流れを予想してみましょう。

原作は、零がプロ棋士として戦う厳しい将棋の話と、川本姉妹たちが出てくる私生活の話が、ほぼ順番に描かれて進んでいます。

つまり、将棋シーン ⇒ 私生活シーン ⇒ 将棋シーン ⇒ 私生活シーンという感じですね。

なので、映画でも、棋士たちの対局場面と川本姉妹たちとの日常生活の場面は、順番に切り替わりながら、同時進行で進んでいくと考えられます。

そこで、将棋の話の流れと、私生活の流れ、それぞれについて見てみましょう。 

 

将棋シーンの流れ

プロ棋士たちとの対局を描く将棋シーンは、映画で以下のように進むと考えられます。

 

  1. 【順位戦】安井学(六段)と対局
  2. 後藤正宗(九段)に殴られる
  3. 【獅子王戦のトーナメント】島田開(八段)と対局
  4. 【獅子王戦】(宗谷名人 vs 挑戦者)
  5. 島田開(八段)の故郷である山形県天童市を訪問
  6. 【名人戦】 (宗谷名人 vs 挑戦者)
  7. 【新人戦】準決勝で二階堂が倒れる
  8. 【新人戦】決勝で山崎順慶と対局

 

2巻に登場する松永七段役は映画のキャスト陣の中には含まれていませんが、安井学六段は甲本雅裕さんが演じると発表されています。

原作では、安井学六段と零の対局シーンはとても少ないのですが、零にとって重要な対局のひとつでもあるので、映画では安井六段の出番が増えるのではないでしょうか。

 

また、宗谷名人の対局場面や山形県を訪問する場面については、ロケ地がすでに公開されています。

映画『3月のライオン』のロケ地と撮影場所まとめ

 

そして同様に、二階堂が対局中に倒れる場面も予告動画の中で公開されているため、公開されている情報と原作の流れを合わせると、以上のような展開になると予想できるのです。

しかし、もしかすると宗谷名人と零との対局まで映画化されるかもしれません。

というか、ぜひ映画化して欲しいです。

 

私生活シーンの流れ

将棋以外のシーンについては、幸田香子や川本姉妹のストーリーがメインになると思われます。まずは予告動画を見てみましょう。

 

少年期の零が幸田家で生活している場面や、零が後藤正宗に殴られている場面、川本ひなたちゃんの上手くいっていない学校生活などの場面が公開されていますね。

また、予告動画には映っていませんが、林田先生役を演じる高橋一生さんもキャストとして公表されていることから、零の学校生活の場面も映画化されると思われます。

そして、これらのことを踏まえると、映画化されそうな将棋以外のシーンは以下のようにまとめることが出来ます。

 

  • 零が幸田家で生活していた頃の様子 
  • 零と林田先生の関係
  • 幸田香子と後藤正宗とのいざこざ
  • 川本ひなたちゃんのいじめ問題
  • 姉妹たちの元父親が川本家を訪問

 

やはり、暗い印象のエピソードが多いですね。

 

原作は、零がすでに一人暮らしをしている時期から始まっており、零が幸田家で生活する場面は回想シーンになっています。

なので、おそらく映画でも、零が幸田家で生活している場面は回想シーンになるのではないでしょうか。

 

また、零の私生活を描く流れですが、おそらく、零が川本家の人々と初めて知り合う場面から始まると思われます。

予告動画では、川本家の人々と一緒に食卓を囲んでいる零が緊張している場面がありますから、原作では回想シーンだった、零と川本あかりが出会う場面から映画が始まるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

前編と後編の予想

 映画『3月のライオン』は、前編と後編で2部作になっています。

つまり、将棋シーンも、私生活のシーンも、どこかで区切りがあるはずです。

ここでは、前編と後編、それぞれの流れついて予想してみようと思います。

 

前編を予想

私生活シーン

  • 零が川本家の人々と出会う
  • 幸田香子が登場
  • 零が幸田家で生活していた頃の回想 
  • 零と林田先生の関係
  • 幸田香子と後藤正宗とのいざこざ
  • 川本ひなたちゃんのいじめ問題

将棋シーン

  1. 【順位戦】安井学(六段)と対局
  2. 後藤正宗(九段)に殴られる
  3. 【獅子王戦のトーナメント】島田開(八段)と対局
  4. 【獅子王戦】(宗谷名人 vs 挑戦者)

 

将棋シーンは、原作3巻の終わりぐらいまでを前編でやると思います。

ちょうど獅子王戦が終わり、切りがいい部分ですからね。

 

しかし、私生活シーンは前編で結構がっつりやると思います。

3巻までは、零が孤独に葛藤する暗い場面が多いですし、予告動画も暗いイメージ多めですから、前編では、悩み続ける主人公を描くのではないでしょうか。

そして、”ひなたちゃん”のいじめ問題も後編まで続くかもしれません。

 

(追記)

映画『3月のライオン前編』を実際に観てきた感想を以下の記事にまとめました。

映画『3月のライオン前編』の感想※ネタバレ注意

 

後編を予想

 私生活シーン

  • 川本ひなたちゃんのいじめ問題
  • 姉妹たちの元父親が川本家を訪問

将棋シーン

  1. 島田開(八段)の故郷である山形県天童市を訪問
  2. 【名人戦】 (宗谷名人 vs 挑戦者)
  3. 【新人戦】準決勝で二階堂が倒れる
  4. 【新人戦】決勝で山崎順慶と対局

 

後編は、棋士たちの世界に焦点を当てて、新人戦を中心に進むと考えられます。

 おそらく、獅子王戦が終わった後で、島田開八段と関わりながらどんどん成長していく零くんを見ることができるのではないでしょうか。

原作では4巻ぐらいからですね。

 

そして、川本家の波乱に焦点が当てられるのも後編でしょう。

おそらく、ひなたちゃんのいじめ問題が一区切り付いて、川本家に平穏が訪れたと思ったところで、姉妹たちの元父親が登場し、新たな波乱に巻き込まれると思われます。

この川本家の姉妹たちの元父親に立ち向かう、成長した零くんが楽しみです。

 

まとめ

映画『3月のライオン』のあらすじを考察してみましたが、いかがでしょうか。

上で書いた予想は、あくまでも原作に沿って映画が作られた場合のものです。

もしかすると、獅子王戦の前に新人戦をやるかもしれませんし、獅子王戦で宗谷名人と戦う挑戦者が、原作とは違う棋士になるかもしれません。

映画は、限りある上映時間の中で原作をうまく構成し直す必要がありますから、原作と多少流れが変わってしまうのは仕方ありませんね。

『3月のライオン』は、人間の”上手く言い表せない”感情を表現したシーンが多いですから、なおさら映画を作るのが難しい作品と言えるでしょう。

 

しかし、映画『3月のライオン』の製作指揮をとるのは、フィクション作品の映画化に定評のある大友啓史監督です。

特に、映画『るろうに剣心』は大ヒットしましたね。

漫画の”絵”を映画で”映像”にするのは非常に難しく、漫画原作の作品の映画化が失敗しやすい原因のひとつですが、大友監督は過去に大きな実績を作っているので、とても期待できるでしょう。

 

そして、監督だけでなくキャスト陣たちにも豪華です。

特に、”フィクションの申し子”と呼ばれている主演の神木隆之介さんや、島田開役を演じる佐々木蔵之介さんは、映画化以前からキャスト希望としてファンたちの間で名前が挙がっていました。

神木隆之介さんは、2016年に大ヒットした『君の名は。』で主人公の声優を演じるなど、安定して波に乗っていますので、この調子で2017年の『3月のライオン』も素晴らしい演技に期待したいですね。

また、幸田香子役の有村架純さんや、川本あかり役の倉科カナさん、最後までキャスト公開を焦らされていた二階堂晴信役の染谷将太さんなどなど、期待のキャストさんたちが多く出演しているのも、映画『3月のライオン』の魅力のひとつです。

映画『3月のライオン』のキャストさんたちについては、以下の記事でキャラクターと比較してまとめていますので、参考にしてください。

『3月のライオン』の映画キャストの比較まとめ

 

どんな内容の映画になるのか、とても楽しみですね。

 

こちらもどうぞ

『3月のライオン』のモデルや棋士は誰?

映画『3月のライオン』のロケ地まとめ

 

スポンサーリンク
 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。