めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

『3月のライオン』11巻の感想について

 こちらでは、『3月のライオン』11巻の感想、あらすじについてまとめています。

川本家の姉妹たちのために零が奮闘し、ついに川本家と”捨男”とのいざこざに決着が!!

なんとか日常に戻ろうとする川本家だったが、新たに長女”あかり”に関する問題が浮上し・・・。

今回も零君大活躍の11巻でした。

スポンサーリンク
 

※注:この記事はネタバレ要素を含んでいます。

 

『3月のライオン』10巻のおさらい 

ひなたちゃんが高校に無事入学し、早くも3カ月。

零は高校3年生になっていた。

高校生としての自分と折り合いを付け、プロ棋士としても着実に力を付けていく零。

そんな順風満帆かのように見えた零だったが、ある日川本家を訪れると、居間には見覚えのない一人の男、川本家三姉妹の元父親である誠二郎がいたのだった。

零を部外者として排除しようとする誠二郎であったが、一方の零は、誠二郎の身辺調査を行うことに。

父親におびえるひなたを守るため、川本家の人々を守るため、零が今立ち上がる。

 

⇒ 『3月のライオン』10巻のネタバレと感想はこちら

 

『3月のライオン』11巻のあらすじ

●105話 『小さいおはなし』

●106話 『たのしい晩ごはん』

●107話 『大阪1』

●108話 『大阪2』

●109話 『大阪3』

●110話 『大阪4』

●111話 『カッコウの鳴く夜』

●112話 『にちようび1』

●113話 『にちようび2』

●114話 『やさしい歌』

●スピンオフ 『ファイター』

大阪で雷堂”棋竜”と対局する零だったが、川本三姉妹と”捨男”こと誠二郎のことが頭から離れることはなかった。

そして何とか対局日のうちに東京に帰ることが出来た零は、川本家近くのレストランで誠二郎を見つける。

川本家に取り入ろうと口八丁でたたみ込んでくる誠二郎を相手に、理詰めで応戦する零。

そんな零の態度に打つ手がなくなった誠二郎は、ついに最終手段をとるのだった。

 

『3月のライオン』11巻のネタバレ

 零がひなたちゃんと婚約?

零の学校生活を献身的にサポートしている林田先生は、零から唐突に”婚約の手続きの仕方”を相談される。

病的なまでにひなたちゃん一筋である零の行動に、林田先生の思考は完全に停止してしまうのだった。

 

 

雷堂”棋竜”にキレる零

雷堂”棋竜”と対局することになった零であったが、ひなたちゃんの事が気になり、なんとしても日帰りで東京に帰るために、いつも以上に気合を入れるのだった。

一方、零が対局中にチラチラと時計を気にしていることにいらだつ雷堂棋竜は、なぜ時計ばかり気にしているのかと、零に直接問うことに。

最初は理由を話し渋っていた零であったが、しつこくなかなか投了宣言をしない雷堂棋竜に対して、キレながら”婚約者がストーカーの危険にさらされている旨”を打ち明ける。

しかし、零のその言葉を、”彼女なし&髪なし”の島田八段も聞いてしまい...

 

捨男が再登場

10巻でいろいろとやらかしていた、”妻子捨男”誠二郎が再登場。

雷堂棋竜との一戦を終え、なんとか日帰りで大阪から東京に帰ってきた零だったが、川本家へ急ぐ途中で誠二郎を見つける。

零とひなたちゃんの結婚を応援すると口にする誠二郎だったが、一方の零は、自分にタカろうとする誠二郎の真意を見極めているのだった。

零の言葉をのらりくらりとかわす無責任な誠二郎に、毅然とした態度で対応する零であったが、結局話し合いに決着はつかず、その場はお開きに。

しかし、再び零と川本姉妹の前に現れた誠二郎の隣には、誠二郎の連れ子がいたのだった。

 

スポンサーリンク
 

 

『3月のライオン』11巻の感想

10巻に引き続き零くん大活躍の11巻でした。

9巻以降の零くんの男前度の上がり幅はハンパないですね。

推理力も弁舌も冴えわたってますし、やはりプロ棋士だから頭の回転は速いですよね。

さらに、19歳にして肝の座り方も尋常じゃない。笑

 

そして”ひなた”ちゃんも、髪型を変えてから一気に可愛さがアップしましたね。

零くんとともに、9巻以降印象の変化が著しいキャラだと思います。

少し”天然”入ってるところも零くんに似てますね。

 

それにしても、あの”捨男”は酷いなんてもんじゃない!!

『3月のライオン』的な、”最初悪いやつに見えても実は事情があったんだ”的な展開があるかもと僅かながら期待していましたが、何もなかったですね。

ただの無責任な奴で終わっちゃいましたね。

あのヤローについて書くことはなんもないです。

 

話を変えて、今回の11巻でもっとも印象が変わったのは、雷堂”棋竜”ですね。

もっとお堅い方かと思っていましたが、まさかあんなに饒舌キャラだったとは。

いざ自分が関わるとなると、かなりメンドクサイでしょうね。

 

最後の最後に気になったのは、11巻の終わり方ですかね。

まるで最後に「完」とつきそうな見事な最終回オーラが出ていたので、思わず『3月のライオン 12巻 』でグーグル検索しちゃいました。笑

どうやら12巻は2016年の9月に発売されるみたいですね。

 

どんどん男前になってゆく零くんと、ひなたちゃんの今後に注目です!!

 

※ 11巻以外のネタバレと感想も以下の記事にまとめています。

 

こちらの記事も読まれています。

『3月のライオン』のモデルや棋士は誰?

『3月のライオン』の映画ロケ地まとめ

 

 

 

スポンサーリンク
 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。