めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの正体や過去について考察してみた

ここでは、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の主人公の正体や過去について考察していこうと思います。

筆舌に尽くしがたいほどの美女であり、「自動手記人形」として業界トップになるほどの実力を持つ主人公。

しかし、彼女は実はとんでもない過去と戦闘能力を持っています。

彼女はなぜ異常な戦闘能力を持っているのでしょうか、彼女の出生も含めて考察してみました。

※ネタバレ注意

スポンサーリンク
 

そもそも自動手記人形って何?

「自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)」は、もともとは代筆をしてくれる機械の自動手記人形のことを指す言葉だったようですが、時がたつにつれて代筆業を行う人々も『自動手記人形』と呼ぶようになったという経緯があります。

そしてもちろん、ヴァイオレット・エヴァーガーデンは後者の代筆業者です。

原作では「精緻な人形のようだ」と表現されていたりもしますが、れっきとした生身の人間です。

 

さらに、自動手記人形は代筆業を行うために紛争地帯に乗り込むこともあるため、ある程度の護身術や覚悟が必要な仕事となっています。

ちなみに、作中では淑女のような方々ばかりが自動手記人形として代筆業を行っていますが、これは身分の高い顧客を相手にしてもしっかりと仕事をこなせるようにという意味があります。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの自動手記人形としての実力

主人公であるヴァイオレット・エヴァーガーデンは、自動手記人形として業界トップクラスの実力を誇っています。

むしろ、業界の顔と言ってもい存在です。

「絶世の美女なんだから、そりゃ人気出るだろう」とか思っちゃいますが、実は彼女の評価を大きく押し上げているのは、何よりも代筆業者としての実力が優れているからなんです。

 

作中の人物曰く、ヴァイオレット・エヴァーガーデンに代筆をお願いすると、目を瞑れば自分がタイプライターを打っている感覚になり、どこまで書いたか読み上げてもらうにしても声が涼やかで朗読が抜群にうまいとか。

さらにタイプのスピードも異常に早く、依頼者の話すスピードに合わせてほぼノータイムでタイプを打ち込む事ができます。何時間も。

 

彼女は両手が義手ですから腕がつることがないんでしょうけど、ぜひ一度目の前で見てみたいですよね。笑

最近話題のの音声入力システムよりも優れているんですから、そりゃ人気も出ますよ。

スポンサーリンク
 

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの過去と少佐

そして気になるヴァイオレット・エヴァーガーデンの過去についてですが、実は彼女、作中に存在するライデンシャフトリヒという軍事国家で兵士として大戦に参加していた過去があるのです。

ここで登場するヴァイオレット・エヴァーガーデンの直属の上司が、例の「少佐」ですね。

自身の育て親であり、最大の庇護者である少佐と一緒に数年を戦場で過ごしたヴァイオレット・エヴァーガーデンは、長い年月の中で少佐に深く依存することになってしまいました。

だからこそ、戦後に少佐が目の前から消えても、ずっと少佐を求めているんです。

ちなみに、少佐は自身の兄からヴァイオレット・エヴァーガーデンを譲ってもらったという経緯があります。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの異常な戦闘能力と出生の謎

戦場で華々しい戦功を幾度も挙げ、異常としか言えないほどの戦闘能力を持っていた主人公。

その異常な強さは、少女の段階で数人の囚人と同時に戦わされても圧勝してしまったという、作中の事実からも分かります。

しかも彼女が頑丈な義手を付けたのは戦争直後のことですから、つまり彼女は生身の状態で十分すぎるほどの実力を持っていたという事になります。

そんな彼女がどうやって生まれたのか気になりますよね。

 

一応、作中に描かれている事実としては、海軍に所属していた少佐の兄が、海を漂流した後に流れ着いた小さな島で彼女を見つけたという事になっています。

ちなみに、この際少佐の兄と一緒に行動していた兵士たちは、みんな幼いヴァイオレットに瞬殺されてしまいました。

つまり、彼女は小さな島で一人で暮らしており、なぜか圧倒的な戦闘能力を持っていたという事になります。

 

また、主人公は自分の親を知らないと語っていますから、本当に物心ついた頃から島で一人暮らしていたと考えられます。

となると、どうして彼女が島で一人暮らすことになったのかという不思議な疑問が出てきますよね。

 

「あまりの戦闘能力ゆえに実の親たちが怖がって島に放置した」とか、

「どこかの秘密機関が育てたものの手に負えなくなって島に放置した」とか、

いろいろな憶測が浮かびます。

 

しかし、原作では彼女の出生に関して何も言及していないんですよね。

ですから、ヴァイオレット・エヴァーガーデンがどこで生まれ、どこで異常な強さを身に着けたのか真実は分からないんです。

きっと、私達読者が知らない物語があるのでしょう。

 

精神的に無垢なために少佐からの「愛」が分からず、愛を探しているヴァイオレット・エヴァーガーデン。

謎ばかりな彼女がアニメで動くのが本当に楽しみです。

 

★こちらも読まれています

『オーバーロード』アニメ2期はどこまで放送される?予想してみた

『りゅうおうのおしごと!』主人公・九頭竜八一の本当の実力を説明します

『りゅうおうのおしごと!』雛鶴あいと夜叉神天衣の実力を説明します

『宝石の国』のアニメ2期はいつ頃?可能性について語ります

スポンサーリンク