めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

『魔法使いの嫁』ミハイル・レンフレッドの正体や人間関係を考察してみた

ここでは『魔法使いの嫁』のミハイル・レンフレッドの正体や、アリスとの関係などについて考察を交えてまとめています。

エリアスと旧知の仲であり、魔法使い嫌いで有名な魔術師でもあるレンフレッド。

カルタフィルスによって片腕を取られたり、不本意な仕事を無理やりさせられるなど、かなり同情してしまう人物です。

それでは、強面ながらも実は面倒見がいいアラサー魔術であるレンフレッドについて、さっそく見ていきましょう。

※ネタバレ注意

スポンサーリンク
 

ミハイル・レンフレッドのプロフィール

年齢:33歳

出身:イングランド

身長/体重:180cm/75kg

ミハイル・レンフレッドは、魔法使い嫌いで有名なアラサー魔術師です。

「弟子」兼「護り手」であるアリスと共に行動しており、戦闘時は見事なコンビネーションで相手を翻弄します。

また原作登場時には、すでにカルタフィルスによって左腕を取られていたため、隻腕の人物として描かれています。

チセの前に初めて登場した際は、カルタフィルスの命令によってチセの邪魔をせざる負えない状況でしたが、実は人間であるチセのことをとても気にかけている面倒見の良いおじさんです。

そして「万人が扱える科学の裏側、魔法使いたちが知る世界の別の形」を探求することを信念にしています。

ちなみに、レンフレッドはロシア人とのハーフであり、泣き上戸でもあります。

 

弟子アリスとの関係

レンフレッドとアリスは師匠と弟子の関係です。

もともとスラム街にいたアリスを魔術師の世界に引っ張り込み、弟子兼護り手にしました。

「護り手」については、護衛のようなイメージでよさそうです。

また弟子の面倒見はかなりよく、アリスにはかなり優しく接しています。

レンフレッドの顔のキズは、アリスがとあるミスによって呼び出した怪異の攻撃で付いてしまったものですが、その時も自らに付いたキズよりもアリスへのメンタルケアを優先しています。

スポンサーリンク
 

エリアスとの関係

魔法使いであるエリアスとは旧知の間柄らしいですが、人間でも妖精でもない中途半端な存在であるエリアスが、人間の使う魔法を使用することに関して嫌悪しているようです。

ただ、33歳のレンフレッドは魔法使いではないので特に長寿というわけではなく、何百年も生きているエリアスと過去にどれほど関わってきたのかはナゾです。

それでもレンフレッドとエリアスはお互いに対等に接していることから、お互いある程度は認め合っていると言えるのではないでしょうか。

 

カルタフィルスとの関係

カルタフィルスは「彷徨えるユダヤ人」と呼ばれる古い魔術師であり、「死ねない呪い」を受けているとされ、千年以上も生きている魔術師です。

彼もエリアスと旧知のようで、記憶を失う以前のエリアスを知っているようです。

また、カルタフィルスはレンフレッドの左腕を奪った張本人であり、「レンフレッドから奪った腕を自身の体に付ける」という常軌を逸した事を行っています。

さらに、アリスを人質にすることでレンフレッドに命令を出し、キメラの材料を集めさせていたのです。

カルタフィルスは他にも本作の様々な事件に関与していますから、まさにラスボス的な人物と言えるでしょう。

ただ、レンフレッドを脅していたことからもその実力がかなり高いことが伺え、彼が創り出したキメラは作中でもかなりの戦闘能力を発揮しています。

今のところ、レンフレッドの事を見逃しているカルタフィルスですが、今後の展開によっては、またレンフレッドに関わってきそうです。

 

今後に期待

真面目であり、本作の癒やしキャラの一人でもあるレンフレッド。

アリスを弟子にする過程や、人間であるチセを気にして学院に誘う彼の姿を見ていると、どうしても応援したくなってしまうんですよね。

ぜひとも幸せになって欲しいキャラです。

そして、弟子のアリスとの関係が進んでくれることを願っています。

 

 

★こちらも読まれています

『魔法使いの嫁』エリアスの正体や過去を考察してみた

『魔法使いの嫁』チセの過去やスレイ・ベガの正体を考察してみた

『魔法使いの嫁』竜の国のリンデルの正体や過去を考察してみた

『魔法使いの嫁』シルキーの正体や過去を考察してみた

スポンサーリンク
 

 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。