めにあっく

アニメ・漫画・ライトノベル作品の感想や考察を気ままに書いています。

『ノーゲーム・ノーライフ』のアニメ2期はいつ頃か、内容と共に予想してみた

いやー、ちょー盛り上がってますね。

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』。

原作では6巻にあたる内容ですが、正直、動くリクとシュビィを見られるなんて思ってなかった。

映画化、マジ感謝。

 

そして、ここまで映画化が盛り上がったのであれば、アニメ2期も期待したい!

実際、ノゲノラの2期を期待しているファンは星の数ほどいるはず。

そこで今回は、『ノーゲーム・ノーライフ』のアニメ2期の可能性について語りたいと思う。

スポンサーリンク
 

『ノーゲーム・ノーライフ』の人気が衰えない

海外ファンの熱が冷めない

2014年4月にアニメが放送されて以来、国内外問わず多くの人気を獲得しているノゲノラ。 

Youtubeで「ノーゲーム・ノーライフ」1期のOPを検索してみると、3千5百万PV超えてる動画もある。

これは本当にヤバイ数字。

おそらく、Youtubeに投稿されているアニメOPの中でもっともPVを稼いでいるのではないだろうか。

そしてこの動画のコメント欄の占有率から考えて、PVを増加させているのは海外ファンであると思われる。

 

ここで、動画のコメント欄を抜粋してみる。

Sora and Shiro will forever live in our hearts.

 

R.I.P. No Game No Life

 

You left us too soon (•,~•),

 「ソラとシロは私たちの中で永遠に生き続ける。

さよなら、ノーゲームノーライフ。

この作品はあっという間に僕達を置いていってしまった。」+315

 

if the movie is successful, they will make a season 2 

 「もし映画が成功したなら、アニメ2期が来るはずだ。」+1065

 

no season 2 no life

「ノゲノラ2期の無い人生なんて考えられない」 +1269

 

ほんの一部だけコメントを抜粋したが、これだけでも多くの海外ファンがノゲノラの2期を期待していると分かる。

相変わらず、ノゲノラは海外での人気が半端ないようだ。

 

映画が大ヒット 

アニメ1期の放送以来、まったく映像化についての情報がなかったため、僕は正直2期について諦めていた。

僕以外にも、ノゲノラファンの中にはこんな人は多いだろう。

だが、ここに来てまさかの映画化。

これによって、一気に2期への希望の道が開けたと思う。

 

さらに、2期への希望を大きくするものとして、映画化が大成功をおさめていることも挙げられる。

評判も上々。

売上についても詳しい数字はまだ分からないが、「何度も映画館に行っている」「何度も泣いてきた」という意見もツイッターでよく見るので悪くはないだろう。

毎日新聞や朝日新聞のみならず、日経新聞にまで広告を掲載した事も大きな効果を発揮したようだ。

 

以上から、国内外問わず多くのファンを維持していることが分かる。

そして、2期をやってもいいんじゃない?という結論につながる。

スポンサーリンク
 

2期は十分有りうる

2017年現在も人気は持続している

通常、アニメ作品の2期が製作されるか否かについては、DVDの売り上げ枚数原作のストック量などさまざまな要素が関係している。

しかし、それらに匹敵するほどに重要なのは、2期を望むファンたちの多さだと思う。

それを念頭に置いて、アニポタで行われている2017年「アニメ総合人気投票」を参考にしてみよう。

 

【2017年版「アニメ総合人気投票」】

1位:コードギアス 反逆のルルーシュ

2位:進撃の巨人

3位:夏目友人帳

4位:ソードアート・オンライン

5位:俺の妹がこんなに可愛いわけがない

6位:ノーゲーム・ノーライフ

7位:ご注文はうさぎですか?

8位:氷菓

9位:Re:ゼロから始まる異世界生活

10位:化物語

※投票受付期間:2017年5月12日~12月31日

 

これは8月8日現在の順位であるが、ノゲノラが6位にいることが分かる。

そして4位以上は全て2期か映画化を成し遂げている。

つまり、6位のノゲノラは、十分2期を狙える程の人気を得ているのだ。

もちろん、映画化効果のおかげもあるかもしれない。

しかし、アニメ化から約3年が過ぎていてもなお多くの票が集まっていることから、『ノーゲーム・ノーライフ』を望むファンたちの多さが伺えるだろう。

 

円盤の売り上げから考える。

しかし、いくらファンたちに2期を臨まれていたとしても、シビアなところ、やはり2期の製作には1期の円盤(BDとDVD)の売り上げが一定ラインを超えているという"成果"が求められる。

ということで、アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』のBDとDVDの売り上げを見てみよう。

 

【『ノーゲーム・ノーライフ』BD+DVD累計】

1巻 :10,573枚

2巻 : 8,705枚

3巻 : 7,858枚

4巻 : 7,629枚

5巻 : 7,445枚

6巻 : 7,605枚

※2017年7月23日時点

※参考:http://dvdbd.wiki.fc2.com

 

各巻の円盤売り上げ5,000枚以上が、続編アニメ化の基準だとよく言われている。

そこで、『ノーゲーム・ノーライフ』の円盤の売り上げ実績を参照すると、平均して約8,000枚は売り上げていることが分かる。

さらに巻によって売上に大きな差は無く、毎巻コンスタントに売れていることも分かる。

以上から、円盤(BDとDVD)の売り上げ的には十分に『ノーゲーム・ノーライフ』2期がアニメ化される可能性があると言える。

そしてこれらの事から、ノゲノラのアニメ2期制作は十分に有り得ることが分かる。 

 

 

アニメ2期の展開を予想

もし『ノーゲーム・ノーライフ』のアニメ2期が製作されるとして、気になるのは1期の最後から2期へのつなぎ方だ。

アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』では原作3巻までが放送され、アニメ最終話のED後に、主人公の空白がオールド・デウスを前に「さあ、ゲームを始めよう。」と言い放ったところで最終回は締まった。

 

しかし、オールドデウスを前にして空白のこのセリフが出てくるのは原作6巻。

最終話の最後に、とんでもないセリフがぶっこまれたわけだ。

 

そして原作3巻部分からいきなり「オールド・デウス戦」に入るのは、ストーリー上不可能。  

原作7巻から先をアニメ化しようとすれば、必ず4、5巻を飛ばすことはできない。

なぜなら、原作7巻以降で重要な役割を果たす新キャラが4、5巻で登場するからだ。

つまり、「1期から2期へのつなぎは原作を変えざる負えない」ということは確定事項なのだ。

 

以上を考慮して、1期から2期へのつなげ方を考えてみると以下のような流れが見えてくる。

 

「空白がオールド・デウスと対面」 

「ゲームは行わず、宣戦布告のみで解散」

「原作4巻部分に突入」  

 

これであれば、自然なカタチでアニメ2期を始められるのではないだろうか。

無理矢理感はあるが、アニメ2期の可能性を少しでも残して置きたいのだ。

なんでも良いから2期が観たい。

ここ大事。

 

『ノーゲーム・ノーライフ』の2期決定はいつ頃?

『ノーゲーム・ノーライフ』2期のアニメ化がいつになるかだが、もし本当に2期アニメが制作されるのであれば、2018年に放送されるのではないだろうか。

 

2016年の後半ごろは、『ノーゲーム・ノーライフ』の著者である榎宮祐氏は、ノゲノラの映画化と、同じく自身が暇奈椿氏と協力して執筆している『クロックワーク・プラネット』のアニメ化企画で忙しかったようだ。

そう考えると、『クロックワーク・プラネット』のアニメ企画が落ち着き、ノゲノラの映画が成功した現在。

2017年の後半か2018年の始め頃は、『ノーゲーム・ノーライフ』のアニメ2期企画を指導させるのは良い時期だと勝手に思う。

映画で新規のファンもいるしね。

 

こんな感じで、ノゲノラのアニメ2期について勝手に予想してみた。

実際、『ノーゲーム・ノーライフ』は本当にいつアニメ2期が決定してもおかしくはない作品だ。

ただ、『ノーゲーム・ノーライフ』の著者である榎宮祐氏が最近まで体を壊していたことは少し心配。

自身の体を気遣いながら、ノゲノラ2期に取り組んでほしい。  

 

★こちらも読まれています

アニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ』が原作のどこまで進むか予想してみる

 

スポンサーリンク
 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。